コアバリュー

外食本来の楽しさを追求することは、みんなのチャンスにつながっている。

1995年1月、新橋駅烏森口そばに居酒屋魚金は誕生しました。
約30坪のごく普通の居酒屋、今ある魚金グループの原点です。

どこのお店より、少しでも良いものを少しでも安く、たっぷりとご提供したい一心で、
毎日毎日、朝早くから築地市場に仕入れに通い続けました。
そして、多くのお客様に今までよりもリッチな気分で外食を楽しんでいただくために、
他店では真似のできないほど、豪快な盛りつけでのご提供を心掛けました。
魚金の代名詞でもある「刺身の6点盛り」はその象徴ですが、
新鮮で美味しいものをリーズナブルに思う存分召し上がっていただく、
それが本来、外食の楽しさそのものでもあり、
多くのお客様の喜びや感動につながると考えたからです。

今ではグループ内の店舗数も増え、
居酒屋だけでなくフレンチやイタリアンもありますが、
お陰様でどの店舗も予約が困難と言われるようにまでなりました。
しかし、今後も、この創業時からの姿勢は変えません。

古今東西どの業界でもそうですが、
良いものや良いサービスがあるところには必ず多くの人々が集います。
そしてそこには多くの情報やコミュニケーションがあり、様々なチャンスが生まれます。
運命的な出会い、画期的なアイディア、新たなモチベーション。

株式会社魚金は、外食を通して、
お客様にはもちろん、協力会社様にも、そして働くスタッフたちにとっても、
そんなワクワクするようなチャンスを
たくさん作り出す会社であり続けたいと考えています。

株式会社魚金 代表取締役社長 金原伸吉